死ぬまでに見たい絶景! 日本が世界に誇る「紅葉スポット」ベスト5

 夏との気温差が大きければ大きいほど、鮮やかに色づくと言われている紅葉。となればこの秋は、警戒レベルの猛暑を経て、かなり期待ができるというもの。そこで、FACE BOOKページ「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」を運営している絶景プロデューサー・詩歩さんに、「死ぬまでに行きたい」どころか、「この秋にこそ行きたい」国内の紅葉スポットをあげてもらった。





1 蔦沼(つたぬま)(青森県)



「1年でほんの数分しか見ることができない貴重な光景です。蔦沼の湖畔に広がるブナ林の紅葉に、日の出直後の真っ赤な太陽の日差しが当たる。そしてその光景が、無風であれば湖面に反射し、まるで絵画のような幻想的な世界が広がります。写真の中で、明るい部分が太陽光が照射している部分で、暗い部分が影の部分。真っ暗な闇の中、上下から明るくなり始め、陽が昇り切るとすべて明るくなります(鮮やかさはなくなります)。その時間は一瞬で、息をつくのも忘れてしまいそう。1日のうち、その光景が現れるのはほんの5~10分ほど。さらに紅葉の見頃と天気、風の条件が揃わないと見られない風景です。この光景を求めて、シーズンには夜中から場所取りをするカメラマンで、桟橋がごった返します。かなり寒いので防寒対策は万全に」(絶景プロデューサー・詩歩さん)

 

 

2 国営昭和記念公園(東京都)



「園内に2箇所あるイチョウ並木。写真は、左右300mにわたって続く約100本のイチョウの並木を撮影したものです。黄色く色付いたイチョウが地面に散って、まるで黄色い絨毯のような光景を見ることができます。イチョウの見頃の時期は、平日でも地面が見えないほど混雑しているので、開園直後に訪れるのがおすすめです」(絶景プロデューサー・詩歩さん)

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/国営昭和記念公園

 

3 鶏足寺(旧飯福寺)(滋賀県) 



「こちらは、黄色い絨毯ではなく赤い絨毯。参道の両脇に並ぶ約200本のモミジの間を歩くと、地面も真っ赤、頭上も真っ赤の360度赤の世界を体験することができます。正午付近に訪れると、太陽光が真上から差し込んで紅葉の赤さが半減して見えてしまうので、太陽が傾いている朝か夕方に訪れるのがおすすめです。滋賀を代表するB級グルメ『サラダパン』の店舗『つるやパン』も近いので、こちらもお忘れなく!」(絶景プロデューサー・詩歩さん)

 

 

4 軽井沢・おもちゃ王国(群馬県)



「軽井沢の森にポツンと浮かぶのは、軽井沢おもちゃ王国のかわいい観覧車! 観覧車に乗ってどんどん高度が上がるにつれ、眼下に広がっていく一面真っ赤な紅葉の海は圧巻です。最高地点である高さ65mからは、見渡すかぎり地平線まで続く紅葉を見下ろすことができます」(絶景プロデューサー・詩歩さん)

 

5 国営ひたち海浜公園(茨城県)



「見上げる紅葉ではなく、触れることができる紅葉! 春はネモフィラの青い花が咲く『みはらしの丘』にはコキアが育てられ、夏には緑色、秋には真っ赤に丘を染めます。青空に続くように色づく真っ赤なコキアの道を歩くと、天空へ続く道のよう。コキアは触ることもできるので、ポヨンポヨンする不思議な触感を、ぜひ試してみてください」



「紅葉の見ごろは、毎年気候によって変動するので、訪れる前に必ず確認を!」(絶景プロデューサー・詩歩さん)

 







 一言で「紅葉」と言っても、湖に鏡のように映るものから360度赤の世界に染まるもの、手で触れることができるものまで、日本の四季の豊かさを感じさせるラインナップ。今年の秋は、「なんとなく近場で」ではなく、こんな奇跡のような風景を求めて出かけることをおススメする。







撮影・文/詩歩(しほ)

死ぬまでに行きたい!世界の絶景」プロデューサー

1990年生まれ。静岡県出身。世界中の絶景を紹介するFacebookページ「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」を運営し、70万以上のいいね!を獲得し話題に。 書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」シリーズを出版し累計60万部を突破。アジア等海外でも出版される。昨今の”絶景”ブームを牽引し、2014年は流行語大賞にノミネートされた。 現在はフリーランスで活動し、旅行商品のプロデュースや企業とのタイアップ、自治体等の地域振興のアドバイザーなどを行っている。2017年には地元浜松市の観光大使に就任。「絶景を旅するシンプル英会話50」(KADOKAWA)が全国書店にて発売中。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00010002-friday-ent

 

名無しさん 

カメラを趣味にしているものだが…
数年前、田貫湖のダイヤモンド富士がSNSやメディアに取り上げられて大流行してた頃、撮影場所を巡って小競り合いが頻発してて問題になってた
蔦沼も同じような状況だと聞いている
 
美しい風景に癒されたい人が多くいる中で、何故ストレスを溜めなきゃいけないのか
また大勢の人が詰め掛けるということは、景観が壊れるリスクもあるということを忘れてはいけない
 
現状、訪れる人のモラルに任せるしかない訳で、状況が改善されないなら有料になるか、大幅な入場規制を掛けられることになる(むしろそうなって欲しいとさえ思ってる)
 
メディアが取り上げることに反対はしないが、取り上げる以上はマナーやモラル向上も呼び掛けるべきではないだろうか
 
名無しさん 

同感。
田貫湖の老害カメラマンはホントに最悪だ。
ろくに撮りもしないくせにいつまでも機材を置いて場所占拠してるし、周りに人が大勢居るのにタバコ吸ったりバーナーで火を起こしたりやりたい放題だった。
良い場所は人気が出るのは仕方が無いが、お互いに配慮しあって気持ち良く撮りたい。
 
名無しさん

いくら綺麗だからって人が沢山いる所には行きたくないな。
それより、近場にある紅葉を静かに見れればそれでいい。
 
名無しさん 

自分も初日の出、お花見、紅葉と人が多いと折角の綺麗な風景も台無しになるので有名どころは行きません。
遠くに行かなくても探せば、意外と近くに穴場スポットは有りますし、近くで見つける楽しみもありますよ。また、見つけても人には教えてません。自分で楽しむものですし…
 
tomnyan 

自分のオススメは北海道の三国峠かな。
もう時期が終わろうとしているけど、北海道らしいダイナミックな景観がいい!
三国峠近くにある喫茶店や森林の中の「三股山荘」がいい感じだな。
 
名無しさん 

「綺麗だね。」と、ともに笑って言える相手がいれば、
どこの景色であっても自分にとっては、
死ぬまでに見たい絶景になると思います。
 
名無しさん

見たいけどどこも混んでそう。ポストカードが販売してたら欲しい
 
名無しさん 

「絶景には物語がある」
詩歩さんの言葉、印象に残っています。
 
名無しさん 

初めのうちは仕方がないが、情報に振り回されないスポット探しをしたほうが楽しい。

 


##### 

蔦沼のこの景色を撮るために大挙して押し寄せるカメラマン。雰囲気ぶち壊しだと思うけど
 
天秤 

私は大山の紅葉が一番綺麗でした。
 
hikaru 

1度は行ってみたい!ですが…
SNSで見飽きた感も…
しかも盛りすぎ画像が沢山…
 
名無しさん 

栂池かな。
 
名無しさん 

2位はキムタクがやってたHEROのOPの所なんじゃないかな。あのOPはすごく好き!!
 
名無しさん 

昨日、八ヶ岳・麦草峠の紅葉を早朝8時に見にいったら、すでに駐車場が満車…で駐車の大渋滞…。
紅葉はカメラに納める前から、すでに戦いが始まっている状態。
 
名無しさん 

鳴子峡が忘れられないなー
 
信濃の国は十州の〜 

マニラ湾に沈む夕陽は絶景。
 
名無しさん 

2番目の東京だけ汚いから別に見たくない。
ちょっと遠いけど京都に行きます。
 
tmldmwtpj01 

人混み大混雑じゃ紅葉楽しむどころじゃない
 
名無しさん 

景色を見に行くんだか人間を見に行くんだか。
そんなところより自分だけの絶景に出会いたい
 
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

「すっぴん女子カフェバー」にオジサン殺到
「この会社、何かヘンだな」 就活で役立つ“ブラック企業”を見破るワザ
【東京】日比谷ミッドタウンが開業 レストランなど人気60店が勢ぞろい、話題の観光スポットへ
紅葉が一番綺麗な場所は?人気は、1位 磐梯、2位、白馬・小谷、3位 上高地、4位 定山渓、5位 層雲峡
森友学園の国有地取得、政治家の関与は無かった事がほぼ確定 野党やマスコミはどう責任取るんだ?★2
【悲報】「20代の4割が童貞」アンケート調査で判明 日本人が絶滅の危機に
noimage
noimage
“嘘の勤務先”売ります 「アリバイ屋」の実態とは
【悲報】「日本が好きだ」という人が79.8%もいることが判明
福田次官セクハラ発言「歌ってみた」続出 「J-POPの歌詞っぽい」と話題に
公務員や医者も通う 草食化なのに「ナンパ塾」人気のなぜ
【沖縄】米軍から土地が返還され賃貸料が入らなくなり困ってしまいました。旧比嘉集落が拝所管理を村に要請
【消費生活トラブル】お試しのはずが…定期購入条件に 全国でトラブル急増
お前らが良かった観光地ってどこよ?

Menu

HOME

TOP