今だから話せる、私の「ドン引きアルバイト」エピソード

 みなさ~ん、アルバイトの経験ありますよね? 学生時代に多くの人が体験するアルバイト。一般的なところでは飲食店が多いようですが、中には、普通じゃあり得ない珍バイト体験に思わずドン引きしたという人も。TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」では、パーソナリティをつとめる、たかみなが、「今だから話せる、私の『ドン引きアルバイト』エピソード」に寄せられた体験談に答えてくれました。 



バイトするなら~、できるだけラクで高時給の仕事を選びたいのが人間です。とはいえ、世の中、そんなに甘くありません(当然ですが)。高い時給に惹かれて地獄を見るか、ユルそうな仕事を選んだつもりがまさかの大どんでん返し、ということも。みなさんから寄せられた「今だから話せる、私の『ドン引きアルバイト』エピソード」をご紹介します。





◆まずは、世間で「めちゃラクそう」と思われているこんなアルバイト。実際はどうなのでしょうか。



「黙って座ってるだけだし、コミュ障気味(笑)の自分にはいいかもと選んだ交通量調査。12時間勤務で日給1万2千円なので余裕と思いましたが、集合時間は夜中で、調査場所まで行くのにボロボロのバンで運ばれ、着いたところは、周囲に何もない田舎の国道でした。2月だったので鬼のように寒く、カチカチやる指が凍るかと思いました」(30代・男性)



「キツかったのは、断然、ポスティング。お年寄りや主婦が万歩計付けて、健康と小遣い稼ぎのためにユルユルやるバイトとか思ってない? マジ違うから。ボロボロの原付で100kg近いカタログを運ばされたんだからさ。荷物が重すぎて原付が転倒したときはマジで泣きが入った。ポスティングのバイトで命を危険にさらすとかあり得ない」(20代・男性)



これについて、たかみなは、「どんなお仕事も簡単じゃないんですよね」とコメント。まさに仕事である以上、そんなにラクではありません。



高い時給といえば、夜のお仕事。こちらのアルバイト経験者の声も聞いてみましょう。



「銀座のホステス。三流店でしたが(笑)。当時は花の女子大生だったのでチヤホヤされたし、お客様は紳士的で、時給も当然高い。だから余裕、めっちゃおいしい~って思ったんですが、直筆で年賀状とか暑中見舞いとか100人以上ものぶんを書かされるとは思っていなかった。しかも年賀状、自腹だよ」(40代・女性)



この女性の意見に、たかみなは、「うわ、なるほど。そういう苦労もあるんですね。私、実は、14歳、中学2年生からAKB48で芸能活動を始めたので、アルバイト経験がないんですよ。したことないんです。いっぱいやってみたいアルバイトとかあったんですけど、結局1回も体験することがなかったので」とコメント。なるほど~。



「21歳のときに体験したバーテンのバイト先での出来事。バーの常連さんたちのキープ期間が過ぎたボトルに残っているウイスキーを、1本のボトルに集めて“ブレンド”するのが自分の仕事。それをワンショットのお酒としてまた客に出すという……。昭和のひどい昔話です(笑)」(50代・男性)



「合コン居酒屋のサクラ? っていうか、一度お客さんとして行った店で、また来てくれと言われて、タダで飲み食いができるから暇なときに行ってた。客は適当にあしらったけど、店長に粘着されて、『自分と付き合ってくれないと、合コンのサクラをやってる女だと周囲にばらす』とか意味不明の脅しをされて……何なのあれ?」(20代・女性)





◆アルバイトの王道・飲食店も、二度とやりたくないとの声が上がっています。



「飲食店のバイトはほぼ全部やったけど、ランチタイムのラーメンとイタリアンの店はやめたほうがいいですよ。イタリアンは皿が重い。ラーメンも丼が重い。両方とも脂っこいから、店の床で滑る危険も大きいんです。でも、キツさならラーメン。イタリアンよりお客さんの回転が早いから、人の出入りに目が回りそう。某ラーメンチェーン店で働いていたときは、特別な滑り止めシューズを履いていたけど、それでも滑って腕にラーメンをかぶったことがあります」(30代・女性)



「某チェーンの焼肉屋のアルバイトは二度とやりたくない。皿洗いの洗浄液がハイターの薄め液で、なぜか炊事手袋禁止。手がガサガサに荒れた。あのとき、生まれて初めてハンドクリームを買ったなあ」(30代・男性)



「フードコートのたこ焼き担当ですかね……。千枚通しを持って、ひたすらたこ焼きをひっくり返すつらさが想像できますか? 油とか結構はねて、ヤケドも多いし、手首は痛くなるし……とにかく、ずーっとたこ焼きを焼き続けるんだから地獄ですよ。夏のバイトにそんなのを選んじゃったから、頭に手ぬぐいを巻いているのに、目に汗がしみてしみて、その汗がそのまま下にボタボタ……」(30代・男性)





◆人との接し方に苦労したという、こんなアルバイトもありました。



「大学生のときに家庭教師のアルバイトをしていたのですが、教え子のひとりが、いわゆるちょいヤンキーの中学生の女の子でした。その子は気性がものすごく激しい子で、機嫌が悪いとひと言もしゃべらず、テキストにずっと落書きをしているんです。毎回部屋に入って来たときにその日の機嫌を確認し、悪いときにはまず雑談をして、機嫌を元に戻す作業をしてから勉強に取りかかっていました。中学生相手にご機嫌取りをしなければならず、とても苦労したのを覚えています」



番組放送中にリスナーから届いたこのエピソードには、「いや~、多感な時期の子どもたちを相手にしなきゃいけないって大変ですよ。いわゆる接客っていうか、人と人が向き合わなきゃいけないのって大変じゃないですか。クレーム処理とかも耐えられないと思う。みなさん、よくがんばっている! 本当にすごい!」と、たかみな。



続いて、対人面でキツかったというアルバイトのエピソードが、こちら。



「キツかったのは某テレビショッピングのコールセンターかな。暇つぶしに電話をかけてくるお年寄りと、エロ電話目的の変態も多かったんですよ。アニメ声の私は、変態に声を気に入られてしまい、『はい、××ショッピングです』と言った途端、『うおおおおおおお』と形容しがたいあえぎ声を出されてしまい、涙目に……。もうやだ、本当」(20代・女性)



「工場のライン作業。仕事が大変というか、黙々と検品してるところをずっと監視されているようで、休憩時間も働いてる人たちとの会話もなく、なんだか気持ち的に重かった。でもこの作業を10年近く続けている人がいるって聞いてのけぞりました。有名化粧品メーカーでの仕事です」(40代・女性)





◆経験者が少ないと思われるこんなアルバイトにも、レアなキツさがあるようで……。



「学生時代にやったレタスの収穫のアルバイト。マジで地獄です。朝4時から夜7時まで働かされました……。レタスの収穫、ダンボールへの箱詰め、ダンボール運び。住み込みだったんですが、逃げた仲間もたくさんいました。しかも嫌なやつがいて、偉そうに命令されて最悪でした。本当に二度とやりたくない」(40代・男性)



「昔、街中の看板持ちのバイトを1週間やったことがあります。ピンサロの看板です。ただ立ってるだけなのに、ガラの悪い人に絡まれたり、足元にツバを吐かれたり、通行人には軽蔑しきった目で見られたり、さんざんでした。仕事そのものは退屈なだけでつらくはなかったですが、人間不信になりました」(50代・男性)



「一見楽しそうに見えるけど、某アミューズメント施設のスタッフのバイトはしんどかった。託児所と勘違いしてるDQN親が多くて、子どもを放しっぱなしなんですよ。子どもはオレらをナメてかかってるから、わがまま言い放題だし、ふざけんなよって感じで。アトラクションが始まる前に、『おに~さ~ん、トイレに行くからちょっと待ってて~』とか平気で言うんですよ。子どもって無邪気なだけじゃないって、あれでよくわかったな」(30代・男性)



「学生時代のスーパーの鮮魚部でのアルバイト。リパックって知ってます? その日に売れ残ったパックの刺身を、ラップと敷皿とスポンジだけ新しいものに替えて、刺身はそのままで再包装するんですよ。もちろん消費期限の日付を変えたシールを貼って……。最初はよくわからずにやらされてたけど、今思えばドン引きです。もう20年前以上の話だから、今の時代にそんなスーパーはないと思うけど。良心が痛み、そのバイトはすぐに辞めました」(40代・男性)





昭和のあり得ない話から、最近のものまで。もはや二度とやりたくないバイト体験を超えて、人間不信にまでなってしまうブラックバイト(氷山の一角だと思いたい……)、恐るべし! 自分の場合、二度とやりたくないバイトはコンビニかなあ。やること多くて面倒くさいから。ユルすぎる理由でスマソ!

 



(TOKYO FM「高橋みなみの『これから、何する?』」より)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00010005-tokyofm-life

 

名無しさん 

楽な仕事は無いと思う。
 
JU5TIC3 

学生時代に今でも存在している、地元だけでなく、全国的に有名なパン屋さんでのバイト経験あり。
バタール、バゲットが売れ残ったときは、ガーリックラスク、食パンが売れ残った場合はフレンチトーストとして販売したり。
売れ残り商品を再利用して、翌営業日に別商品として販売している事を知ってからは、パン屋さんで商品を購入する事に対しては警戒してしまうように。
 
名無しさん 

楽なバイトがあったなら、そいつはもしかしたら天職かも知れんな。
酷かったのはスナック。こ汚いジジとババがイチャイチャしてるその姿は、悪夢だった。他日払い系には様々な人がいて、その日の交通費すら待ち合わせていない連中ばかりだった。真冬、築地の市場などは正に生き地獄だったっけ。
 
グレさん 

高校時代に友人の親せきが漫画家で、その友人とともにアシスタントのアルバイトをしたことがあります。
アルバイト料は大したことはなかったのですが、本物の漫画の原稿に接することができたのと、お礼のおまけでGペンを一箱もらいました。
そのペンは今でも大事に使わせてもらっています。
 
名無しさん 

50代になり、管理職の正社員をリタイアし、たまにアルバイトをするけど、どれも楽しいよ。純粋に仕事に没頭できる。
 
 
softly 

知り合いのつてで試験監督のバイトに行きましたが、毎回やってるらしきベテラン軍団が牛耳っててくれたので、新米にはまかせられないと殆どなにもしませんでした。朝から夕方まで控え室でくっちゃべってて、お昼は出るし、最後にちょこっと回収作業とか誘導しただけ。かなりお金もらってしまって、あんなに楽なアルバイトはおそらく無いと思う。20年前の話。
 
名無しさん 

学生にとっては就活時に職種選びの参考になる・・こともある
 
僕らはみんな生きている! 

私の珍しいアルバイトは、ペットの火葬かな?
 
名無しさん 

読んでいておもしろかった。
アルバイトは自分でたくさんしようと思えばできるけれど、それでも数え切れないほどの職種。自分が知らない仕事をこのエピソードで少しでも触れることができてよかった!
 
名無しさん 

甘く見てると痛い目見るからね。色々経験して今の自分があると思えば感謝。
 
名無しさん

イベントの仮面ライダーの着ぐるみのバイトで子供にサインを求められた時は困ったと友人が言ってた。
着ぐるみの中は汗臭くたまらないそうです。
 
nu 

色々やったけど楽しかったのは期間限定の博物館とか科学館!ハニワの監視とか、ロボットの警備とか。専門家の先生に話も聞けて貴重な体験できました。逆に辛かったのはコールセンター。一ヶ月で心が折れ依願退社しました。。。
 
ブンブン 

飲食店の裏側を見たらどん引きだよなー
でも、外食はしちゃうけど…
 
名無しさん 

某ファストフード店のバイトは良い経験になった。楽しさもありつつ、いろんなお客さんいるから、理不尽なことでキレられたり、酔っ払いに絡まれたり。それも今の自分の財産。
 
名無しさん 

自分も飲食してた、今思うと金貰って社会勉強できたから良かったかなと思う。
でも二度とやりたくない。
 
名無しさん 

学生の頃、好奇心もあってやったテレクラ(^_^;)
雇用契約書に、「会いたいと言われても絶対に応じないこと。会いに行った場合の有事については一切責任を負わない」とかいう一文があった。
とてもいいお金になったけど、会いたがる人ばっかで長くはできなかった。
 
名無しさん

どれも経験値が少ない(これはしょうがない)上に想像力が無いのが根本では。
 
名無しさん 

コンビニのバイトにドン引きすることあるよね
お客さんがめっちゃ並んでるのに陳列してるとか。
まぁよくお客様は神様じゃないって言うけど、間違ってはいない。でも神様じゃないだけで取引相手なんだよな…
 
名無しさん

家庭教師のバイトは良かった。子供に二時間、お母さんとのお喋りに一時間だが一回一万円だった。
 
名無しさん 

お金を稼ぐって大変。
 
名無しさん 

ベネッ◯編集部のバイトはクッソ楽だったよ。
コピー取ってアンケート入力して、暇になったら菓子食って雑談、で、たまにお使いに行くだけ。
お使い中も電車で寝れる。寝てる最中も時給は発生する。
もう何年も前の話だから今はわからんが。
 
名無しさん 

俺のバイト先適用時間働いてるのに、保険も付けない労働保険も付けない付けてほしかったら役に立て短期間で付けてもらえると思うな。違法してるのに威張るなボケ!パワハラもうざいしさっさと潰れないかな。
後楽したいからバイトなんだから正社員並求めるなそれなら正社員増やせボケ!
 
名無しさん

世の中に楽して金が入ってくる仕事はないってこと
あと、まともな会社やまともな店も結構少なめ
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

人気声優「(電車では)女性の隣に座る」 「邪ではない」理由に共感の嵐
30代と40代の約8割が「将来に不安を感じる」 一方で、貯蓄額は二極化「50万円以下」が53.7%
パーソナルスペース対決も勃発!? 電車で「イラっと」最新エピソード
「世界一孤独」な日本のおじさんは、夏休みをどう過ごすべきか
介護離職に備えよ 日本人の“平均年齢”世界一の現実 親の介護、準備不足で離婚危機にも
街なかのトイレ事情 急に行きたくなったらどこに行く?
子どものSNS性被害 夏休み前に注意喚起
世界一孤独? 日本の中高年男性が絶対無視できない「悲しき未来」
お前らが知ってる役に立つ雑学 トローチに穴が開いてるのは喉に詰まっても呼吸できるため
【消費生活トラブル】お試しのはずが…定期購入条件に 全国でトラブル急増
人材ビジネスのプロ(年収1億)「就職に自分のやり甲斐とか馬鹿なの?」
男性が考える妻にしてほしくない節約術ランキング!TOP10 1位スーパーのビニール袋を大量に持って帰る
在日中国人「反アパホテル」デモ 対抗団体も登場、休日の新宿が混乱
おひとりさま、独身貴族って聞くけど孤独だよ みんなの孤独解消法は?
「引きこもりの方、一緒に働きませんか?」 ラブホテルが積極採用 きっかけはとある母親からの電話

Menu

HOME

TOP