職場で赤面! 今だから言える“仕事のミス”エピソード

学生時代には聞いたこともないような言葉が飛び交い、話したこともないような大人と会議をしなければいけない場所。それが職場。世の中にはさまざまな職業があり、さまざまな人がどこかの職場でやらかしています。

10月16日(月)放送のTOKYO FM「BLUE OCEAN」では、リスナーの皆さんから「今だから言える仕事のミス」エピソードを募集しました。共感するものからちょっと心配になるものまで、それでも今なら笑える話の数々を紹介します。



◆あぁ、電話で勘違い…



新人銀行員だった頃の話です。職場で電話が鳴り、新人の私はすぐに取りました。お客様から「体罰の件なのですが、係に繋いでいただけますか」と言われ、「ここは学校じゃないしな……」と思いながら隣の先輩に「体罰の係って、誰に繋げばいいですか?」と私。先輩はポカンとしながらも電話に出てくれたのですが、すぐに外為に電話を繋いでいました。電話を置くなり「“体罰”ではなく“タイバーツ”。タイのお金の話だよ!」と笑われました。あー恥ずかしかった。(33歳・女性)



◆FAXをずっと待っていたが…



前の職場で電話に出たら、お客様から「これから英語のFAXを送るので確認してください」と言われ、ずっとFAXの前で待っていたら先輩に「何を待ってるの?」と声をかけられました。「英語のFAXです」と答えると、先輩が受信受けから1枚取り出し「これじゃない?」と。“A5”のFAXでした。今思い出しても恥ずかしいです。(45歳・男性)



◆赤面しちゃう言い間違い



入社して1年目の頃、お昼休憩中の先輩宛てに内線がかかってきました。まだ1年目で緊張していた私は、「お昼に行っています」と言いたいところを「お風呂に行っています」と答えてしまいました。電話の相手には「ずい分優雅な部だね」とからかわれました。顔から火が出るほど恥ずかしかったです。(40歳・女性)



――言い間違い、聞き間違いのミスは誰にでも起こりうるものですね。電話の相手に聞き返せればいいのですが、新人だとそれもしづらいものです。



◆笑えないミス!



前の会社での笑えないミスです。取引先の新商品展示会があったのですが、当時、新入社員だった私は、展示会は土日に開催されるイベントという認識でした。それで間違って彼氏と私服で行ってしまいました。今思い出しても、社会人として本当にあり得ないことだったと思います。(27歳・女性)



――こちらも新人さんならではの失敗ですね。先輩や上司が教えてくれてもよさそうですが……。2度とやらないでしょうから、笑い話に昇華させましょう。



◆同じ苗字問題



以前私の所属する部の部長も課長も“山本さん”でした。電話で外から「山本です」と掛かってきたとき、最初は部長か課長かを聞き分けるのがとても難しかったです。あるときどちらか分からず、確認もしづらく、私はメモに「声がいいほうの山本さんより」と書きました。先輩は半分失笑。きっちりお小言もいただきました。同じ苗字問題、なかなか根深いです。(35歳・女性)



――たしかに同じ名前の人が多い職場は大変ですよね。こういう場合、ファーストネームで読んだりあだ名が付いたりしそうなものですが、こちらの職場ではそれがなかったのですね。でもこれは聞き返せば解決できたこと。あと1歩の勇気も大切ですね。



◆ウエディングケーキがぐちゃぐちゃに…



ホテルでパティシエとして働いていた頃の話です。会場から運ばれてきたウエディングケーキをカットしなければいけないのですが、運んできたスタッフがまさかの転倒。ウエディングケーキは無残にもグチャグチャに。なんとか次の日の分のスポンジを使って作り直しましたが、あの夫婦が今でも幸せに過ごしていることを祈っています。(33歳・男性)



――転倒してしまったスタッフの気持ちを考えると……! バレなくて本当によかったエピソードです。スタッフの皆さんの気持ちが上乗せされたケーキを食べたご夫婦は、きっと幸せに暮らしているでしょう。……きっと!



◆親子に見えたけど…



接客業をしています。親子2人で来店されてお母さんのほうに「お母様」と話しかけたら、なんとお友達同士でした。親子に見えたけど同年代のお友達。お母さん感が半端なかったんです。今すぐここから消えてしまいたいと思いました。(33歳・女性)



――これは気まずいですね。でも親子に見えちゃったんですもんね。これからはどんな2人が来店しても「お友達ですか」と聞くことにしましょうか。



(TOKYO FM「Blue Ocean」より)

 

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171028-00010003-tokyofm-life

 

名無しさん 1日前
ミスあるよ。
休日出勤して、職場のベランダにタバコを吸いに出たとたん、ドアが「ジー、ガチャ」
セコムに閉め出されて一晩ベランダで野宿なう。
夏で良かった。
 
名無しさん 1日前
ミスというか・・・、
前働いていたスーパーで、同僚の女性が
商品の品出しで屈んでる時に、ショーツが半分近く見えてました。
気づいたこちらも恥ずかしいくらいでしたが、
男なので注意しづらかったです。
 
名無しさん 1日前
あ、すみません、ショーツ見えてますよ。僕直しますね!
 
名無しさん 6時間前
私、指摘された側(´`:)あなたもしかしてシ◯ハラ君?
 

 

iwasero 1日前
長いことやっていれば大小様々あるね
 
名無しさん 7時間前
「お母様」か確実にわからない場合は必ず「お客様」と呼び続けるか、もうちょっとフランクに話したい場合は「ご友人同士ですか?」とか「どういったご関係ですか?」って一応確認しなきゃだね。
 
名無しさん 22時間前
笑って済めばいいとはいうけど。
退職届書かされたオレの気持ちは分かるまい。
 
名無しさん 1日前
座ってたら意味も無く勃起する
不意に呼ばれたら立てないし…
動きたくないときに限って呼ばれんねん
 
名無しさん 1日前
他の部署の人で苗字が「奥」という人がいました
その奥さんに書類を渡しに行ったら不在
近くの人に「奥さんいませんか?」って聞いたら「え?家にいると思うけど….」
あなたの配偶者じゃないよっ!(^^;;
自分の部署に帰ってから爆笑しました(≧∇≦)
 
名無しさん 19時間前
新人の頃、内線で『一品メーカーに電話して』
と言われ、そんな部署あるのか??と
必死で内線番号を調べ、全く見つけられないので
先輩に聞きに行ったら
『逸品銘菓』だったことがある。
 
名無しさん 1日前
イ川→伊川さんだと思っていたら、
イリノさんだった…。
ご本人の癖字だったんですが…。
  
名無しさん 1日前
常識的な事を知らなかった私は、速達で郵便出しておいてね、速達は270円切手を貼るんだよと教えてもらい勘違いし
270円の切手だけ貼って出してしまった
当然料金不足で返ってきてしまって担当の営業さんが客先まで持って行く羽目に…あれは一生忘れないと思う
 
名無しさん 1日前
隣の席の新人の女の子が電話を取って、
「お名前を…。はい?スポンジ様ですか?」
と言ったので、は?と思ったら、
「あ、坪内様ですか。」と言ったので、
こっちが笑いが止まらなくなった。
スポンジ様ってww
 
名無しさん 1日前
確かにスポンジと坪内は似てるわー
でもスポンジなわけないわなw
 
名無しさん 1日前
でしょー?最早、人の名前ちゃうしw
せめて、〜スポンジとかなら、社名って
事もあるかもなのにw
本人必死で全く笑ってないとこが、
余計におかしくて…w
 
名無しさん 1日前
職場で伝言メモ。
「オムライス様からお電話あり」
オムライス??何それ??誰よそれ?
電話かけ直したら「尾村椅子」様だったことあります。
あと、やはり伝言メモ。
「鈴木クンビ様からお電話」
鈴木クンビ??外人?
伝言メモ書いた子に確認したら「鈴木クニヒロ様」だった。
急いで書いたから字面が斜めになってて
ニ→ンロ→◦って見えて。もうばかうけ。その日気づいたらニヤニヤ笑ってしまっていたわ。
 
名無しさん 1日前
前職で、中国の人だらけの職場でカタコトの日本語を喋る人に、
「日本語お上手ですね」
と言ったら日本人だったことがあります。
  

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

「電車やバスのマナー」大人なのに、なぜ守れない?
パーソナルスペース対決も勃発!? 電車で「イラっと」最新エピソード
『いいじゃない 通貨も彼女も 仮想でも』 オタク川柳の入賞作決定
【平昌五輪】五輪最高位スポンサー、トヨタの存在感なし 韓国メディアも「?」
「前日の夜中にゴミ出し」「ホテルの備品持ち帰る」 → 実は立派な犯罪だった
アベック、Gパンは死語?「私がジェネレーションギャップを感じる瞬間」
お前ら朗報!「イケメンでなくてもモテる方法」が判明!!!!!!!
春恒例 上京した田舎者にアドバイスするスレ
日本に生まれるって罰ゲームすぎないか
人材ビジネスのプロ(年収1億)「就職に自分のやり甲斐とか馬鹿なの?」
男性が考える妻にしてほしくない節約術ランキング!TOP10 1位スーパーのビニール袋を大量に持って帰る
スカイツリーから花火大会見た結果wwwwwwwwwwwwwww
公務員や医者も通う 草食化なのに「ナンパ塾」人気のなぜ
左折時に左寄せは義務なのに…「幅寄せしやがって!」ネット上で自転車vsクルマが対立
大西議員に告ぐ「がん患者」は好きな仕事をし続けたほうがよいという医学博士の言葉

Menu

HOME

TOP